お腹の皮下脂肪には葛の花イソフラボンのダイエットサプリ!

MENU
TOPに戻るボタン

お腹の皮下脂肪には葛の花イソフラボンが効果あり?

お腹の脂肪を徹底調査!肥満の女性と脂肪の画像

葛の花由来イソフラボンは今やダイエットサプリの中でも人気ランキング上位にランクインするほどになりました(キラキラ)

 

葛の花イソフラボンは特にお腹周辺の脂肪を減らすことができるということですが、なぜお腹につきやすい皮下脂肪や内臓脂肪を落とすことができるのでしょうか?
特に女性は皮下脂肪がつきやすくなっていますから、皮下脂肪を落とせるなら最高のダイエットサプリになりますね(グッドサイン)

 

そこで、なぜ葛の花イソフラボンサプリは皮下脂肪が落ちやすくなるのかを調べてみました(音符)


→内臓脂肪のページはこちら
→ウエストについてのページはこちら

女性は特に皮下脂肪がつきやすく落ちにくい!

皮下脂肪の説明画像

葛の花イソフラボンサプリで皮下脂肪を落としやすくなる理由をお話する前に、女性はなぜ皮下脂肪がつきやすいのか、そして皮下脂肪が落ちにくいのかを調べてみました(音符)

 

女性の体は男性に比べると丸みを帯びていますよね。男性が筋肉質でゴツゴツしているのに対して、女性は男性に比べて脂肪がつきやすく丸みを帯びています。その理由は女性ホルモンにあります!

皮下脂肪の役割

女性は妊娠・出産という大切な役目があります。そこで妊娠した時に胎児を外的衝撃から守るために、衝撃を吸収して子宮まで届かないようにするために脂肪がつきやすくなっているのです!

 

また、母乳を出すためのエネルギーとして脂肪を蓄えています。全て赤ちゃんを守り育てるために子宮や内臓を守る役割をする脂肪がつきやすくなっているのです(グッドサイン)

 

そして、この皮下脂肪は妊娠中だけではなく、女性が赤ちゃんを守るために必要な脂肪ということで妊娠前から赤ちゃんを守る準備をしていますので、長年にわたって蓄積されています。

 

お腹周りが気になってダイエットをしてもなかなか皮下脂肪が減らないのは、ダイエットによって脂肪燃焼されるのは内臓脂肪の方から減っていくので、皮下脂肪は減少しにくいのです…。

 

なかなか減らない皮下脂肪に幻滅してダイエットをあきらめてしまう人も多いのですが、そこで強い味方となるのが葛の花イソフラボンなのです(キラキラ)

葛の花イソフラボンでなぜ皮下脂肪が落ちやすくなるのか?

葛の花イソフラボンには、次のような効果が期待できると言われています(キラキラ)

 

葛の花イソフラボンの3つのメカニズムを説明する画像

肝臓で新しく作られる脂肪を抑制する

脂肪は主に「腸」と「肝臓」で合成され作られます。腸では脂肪の元は脂質です。そして肝臓では糖質が脂肪になります。
つまり、燃焼しきれなかったエネルギーは肝臓で脂肪となり蓄積されます。葛の花イソフラボンはこの肝臓で新しく作られる脂肪を抑制する働きがあります!

脂肪の分解を促進する

蓄積された脂肪はそのままの状態では燃焼できません。一度分解をして脂肪酸へと変えなければいけません。脂肪燃焼酵素のリパーゼという物質がその働きをします。
葛の花イソフラボンは白色脂肪組織を分解するパリーゼの働きをサポートし、脂肪を燃焼しやすい形へと変化させます!

脂肪の燃焼を促進する

分解されて脂肪酸となった脂肪は、褐色脂肪組織の働きで燃焼されます。褐色脂肪組織の動きが低下すると、エネルギー燃焼が鈍るので肥満に繋がります。褐色脂肪組織が活発になればなるほど、脂肪は燃焼されます。
葛の花イソフラボンは褐色脂肪組織の働きをサポートして脂肪を燃焼してくれます!

 

お腹の脂肪に効果あり!

このような働きがあるため、皮下脂肪がたまりやすいお腹の脂肪が減少するわけです(グッドサイン)
内臓脂肪より皮下脂肪の方がつきやすく、蓄積しやすく、さらに落ちにくいという特徴があります。なんとも嫌な特徴…。

 

腹筋やストレッチ、食事療法などでダイエットをしても皮下脂肪まで効果が届かないことが多く、ダイエットをあきらめてしまう人が多いのです。私も身に覚えがあります。とにかくお腹の脂肪は落としにくい…。

 

ですが内臓脂肪を落としておかないと皮下脂肪が落ちないので、内臓脂肪・皮下脂肪共に減少させられる葛の花由来イソフラボンを摂取することで皮下脂肪が落ちやすくなりますから、ダイエットの強い味方になると言えるでしょう(音符)

 

さらに葛の花イソフラボンの効果は緩やかに表れるので、リバウンドのリスクも抑えられます!大体効果が出てくるのが三か月前後。
私自身、急激に痩せてリバウンドした苦い経験があるのでちょっと調べてみました。
→詳しいリバウンドの解説についてはこちら

 

葛の花イソフラボンに副作用は無いの?

お腹の脂肪に効果が期待できる葛の花イソラボンですが、副作用があるのか気になるところ。
消費者庁の資料を見ると今のところ副作用は見つかっていません。元々葛の花は昔から食べられているものですしね(グッドサイン)

 

ただし妊娠中や授乳中の方は控えた方がいいかも、とのこと。それには葛の花イソフラボンの作用と女性ホルモンが関係しているのですが、長くなるので割愛。
詳しく知りたい方は葛の花の基礎知識や効果・副作用についてまとめたページがあるので、そちらを参考にしてみてくださいね(音符)
→葛の花イソフラボンの効果・副作用を見る

葛の花イソフラボンは体内では作れない!

葛の花と脂肪の画像

葛の花イソフラボンが皮下脂肪の減少に大きく貢献してくれるということがわかりましたが、どうすれば摂取できるのでしょうか?

 

葛の花イソフラボンは、葛の花から摂れるものですので体内で作り出すことはできません。そのため経口摂取(食べる)になりますが、葛の花イソフラボンを摂取する方法は葛の花を料理して摂取することになります。

 

ただ、葛の花自体、スーパーなどで簡単に手に入れることができないのです。
日本に自生しているので自分で摘み取ってくることもできますが、葛の花は夏にしか咲かない花です。しかもカメムシなどの害虫がついているので、自分で採取して食べるのはおすすめできません…。

サプリでの摂取がオススメ!

そこで今人気が高まっているのが「葛の花由来イソフラボンサプリ」です(キラキラ)葛の花イソフラボンのサプリは色々な種類がありますが、葛の花の含有量が多く、添加物などが入っていない商品を選ぶようにしましょう(グッドサイン)

 

ちなみに私が実際に飲んでいるのはシボヘールというサプリ。葛の花イソフラボンの十分な含有量と必要最低限の成分が入っているシンプルさが気に入っています(音符)

 

そして何よりリーズナブル!気軽に始められるのは大事なポイント。継続回数の縛りもないので、いつでも解約できるのもお手軽です。

 

葛の花イソフラボンは継続しないと効果が出ないので、コスパはかなり重要なんです。
もしどのサプリがいいのか迷っているのなら、私のイチオシ「シボヘール」がオススメ(キラキラ)

 

TOPへもどるためのボタン画像