葛の花イソフラボンサプリ徹底比較 | 葛の花くびれ隊

MENU
TOPに戻るボタン

葛の花イソフラボンのサプリを徹底調査してみました!

葛の花イソフラボンやサプリを調査している様子の画像

みなさんは葛の花由来イソフラボンを知っていますか?臨床実験でお腹の脂肪を減らすサポートをしてくれることがわかった今注目の凄い成分なんです!(キラキラ)

 

巷でじわじわ人気が出て、今では色んなサプリメントがあります。一体どれがいいの?自分に合ったものを選びたい!と迷ったことはありませんか?…私はあります!(笑)

 

友達にもどれがいいのか相談されて、どうせなら徹底的に調べて、サイト作ってネットに公開しちゃおう!と出来上がったのがこのサイトです(音符)

 

このサイトは葛の花イソフラボンのサプリを比較したり、葛の花イソフラボンってなに?効果ある?という基本情報、お腹の脂肪のメカニズムや葛の花イソフラボンが何故効くのか、などなど葛の花イソフラボンに関する情報をまとめた内容になっています(グッドサイン)

もくじ

TOPへもどるためのボタン画像

 

葛の花イソフラボン人気サプリ・ランキング早見表

私が比較した中で、ぜひこれをおすすめしたい!という葛の花イソフラボンサプリをランキング形式で紹介します!(キラキラ)

一覧で見れるようTOP5を簡単に表にしてまとめたものです。ランキング詳細はこちら(音符)

※この表は横にスクロールできます
順位 商品名 価格※初回 成分
シボヘール 980円

還元パラチノース、

葛の花抽出物など

葛の花減脂粒 980円

還元パラチノース、葛の花抽出物、

黒酢もろみ末など

きょうの青汁 2,745円

葛の花由来イソフラボン、

大麦若葉、桑の葉、

京にんじん、聖護院かぶら、

和三盆、宇治抹茶など

葛の花

イソフラボンスリム

1,480円

葛の花由来イソフラボン、

葛の花抽出物、生姜粉末、

ビタミンC、ビタミンB群など

スリムフォー 1,566円

還元パラチノース、

葛の花抽出物など

TOPへもどるためのボタン画像

 

葛の花イソフラボン人気サプリ・ランキング!

私が比較した中で、これがおすすめ!という葛の花イソフラボンサプリをランキング形式でTOP5まで紹介します!(キラキラ)
葛の花イソフラボンって何?どんな効果があるの?という方はこちら(音符)

ランキングの判断基準

レーダーチャートにて合計点の高い順番に番付しています(グッドサイン)

お腹痩せ:お腹の脂肪に効く成分が入っているかです。カロリーや糖質などでお腹痩せの効果が減りそうな場合は減点しています。
リバウンドを抑える:リバウンドのリスクを下げる効果がある成分が入っているかです。ここでは、ゆるやかに痩せるか?という基準で判断しています。
コスパ:価格の安さです。サービス対応やコースの特典、継続のしやすさ、買いやすさ、入手のしやすさなども考慮。継続縛りがあると減点。
美容効果:美容に良い成分が入っているかです。美肌、肌・髪・爪の健康維持、デトックス効果、アンチエイジング効果、ストレスケアなど。
人気:人気があるかどうかです。露出度、検索結果、アクセス数、製造元などで判断しています。

葛の花イソフラボンのサプリ・ランキングTOP10!

 1位   シボヘール

ランキング1位のアイコン画像

シボヘールの商品とレーダーチャートの画像

¥980(一か月分・初回限定)

原材料:還元パラチノース、葛の花抽出物/セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素

シボヘールのココがおすすめ!

ポイントは「お手頃な価格でくびれゲット」です!(キラキラ)初回限定だと比較したサプリの中では一番安いです!2回目以降もお手軽で、回数の縛りはありません。

成分がシンプルで、葛の花イソフラボンと最低限の甘味料・形成に必要な成分のみ!ダイレクトに葛の花イソフラボンが試せます(音符)
対応も良かったです(グッドサイン)

公式サイトを見るためのボタン画像レビューページを見るためのボタン画像

 2位   葛の花減脂粒

ランキング2位のアイコン画像

減脂粒の商品とレーダーチャートの画像

¥980(一か月分・初回限定)

原材料:還元パラチノース、葛の花抽出物、黒酢もろみ末/セルロース、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素

葛の花減脂粒のココがおすすめ!

シボヘールと同じくらいコスパがいいのですが、初回を除いた四か月は継続の縛りがあるので注意!

あの相田翔子さんも試したサプリです(音符)
成分に黒酢もろみが入っています。アミノ酸がたっぷりと詰まっているので、健康を気にしつつくびれを作りたい方におすすめです(キラキラ)対応も良し(グッドサイン)

公式サイトを見るためのボタン画像レビューページを見るためのボタン画像

 3位   きょうの青汁

ランキング3位のアイコン画像

きょうの青汁の商品とレーダーチャートの画像

¥2,745(一か月分)

原材料:葛の花由来イソフラボン、大麦若葉、桑の葉、京にんじん、聖護院かぶら、和三盆、宇治抹茶、難消化性デキストリン、カリウム、ビタミンC、亜鉛、葉酸、食物繊維、カルシウムなど

きょうの青汁のココがおすすめ!

初回限定価格はありませんが、1日約91円と京野菜の入った青汁なのにお手軽価格です(音符)定期コースでは3箱でのお届けになるため注意!

大麦若葉や京野菜などが入っていてかなり栄養たっぷり!便秘改善や美容効果など期待できそう(グッドサイン)

レビューページを見るためのボタン画像

4位 お腹の脂肪に葛の花イソフラボンスリム

イソフラボンスリムの商品とレーダーチャートの画像

¥1,480(一か月分・初回限定)

原材料:還元パラチノース、葛の花抽出物、生姜粉末(黄金生姜)/セルロース、ビタミンC、二酸化ケイ素、ナイアシン、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1

お腹の脂肪に葛の花イソフラボンスリムのココがおすすめ!

初回では77%OFFで買うことができます。2回目以降は10%OFFの5,780円で、回数の縛りは無し。

上位のサプリと比較すると高めの価格ですが、黄金生姜と5種類のビタミンが入っています(音符)内側から綺麗になりたい方にオススメ(グッドサイン)

公式サイトを見るためのボタン画像レビューページを見るためのボタン画像

5位 スリムフォー

スリムフォーの商品とレーダーチャートの画像

¥980(二週間分・税抜・初回限定)+送料

原材料:還元パラチノース、葛の花抽出物/セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素

スリムフォーのココがおすすめ!

初回は一見安く見えるのですが、一か月分ではなく二週間分で税抜+送料なので注意!2回目以降は38%OFFの5,980円(税抜)+送料です。回数の縛りはなし。

天王寺クリニック広尾院の院長・桐生有紀先生もご推奨しています(音符)

公式サイトを見るためのボタン画像レビューページを見るためのボタン画像

TOPへもどるためのボタン画像

 

葛の花イソフラボンって?どんな効果があるの?

葛の花の写真画像

葛の花とは?

葛の花って何?という人もいると思うので、まず葛についてお話ししましょう(グッドサイン)

葛はマメ科の植物です。根っこは生薬や食べ物として使われており、「葛根湯」や「葛きり」「葛餅」で知っている方もいるのではないでしょうか。

 

根っこばかり注目されがちですが、葛の花の部分にはサポニンとイソフラボンが豊富に含まれており、特に葛の花由来イソフラボンはお腹周りのダイエット効果が期待できるのです!(キラキラ)

 

葛は日本にも自生しているので直接花を取ってきて食べることもできますが、虫がついていたりと下処理が大変なので、手っ取り早く葛の花イソフラボンを摂取できるサプリメント等をおすすめします。

葛の花イソフラボンの効能

イソフラボンの中でも葛の花由来イソフラボンはダイエット効果が期待できるといわれています(音符)

脂肪の中でも特にお腹の脂肪面積を減らす効果があるという研究結果が出ています!(キラキラ)

 

葛の花イソフラボンによる腹部の脂肪面積変化のグラフ画像

葛の花イソフラボンによるウエスト周囲径・体重変化のグラフ画像

非配合と葛の花イソフラボン配合のアイコン説明画像

 

※研究論文を基にした各葛の花イソフラボンの商品公式サイトの情報を見ながらグラフを作りました。

 

肥満気味の方を対象に葛の花イソフラボンを摂取してもらった結果、お腹の脂肪面積が平均20cu減少しました。(消費者庁のデータより)

 

ウエストも細くなる結果が出ているので、くびれを作りたい方にはぜひ試してみて欲しい成分です(音符)さらに時間をかけてゆっくりと脂肪を減少させるため、リバウンドのリスクも低いといえるでしょう。

 

ダイエット効果の他には、美容効果・バストアップ・更年期ケアなども期待できるのだとか。

葛の花イソフラボンのメカニズム

葛の花イソフラボンには脂肪に対して3つの作用があるといわれています(キラキラ)

葛の花イソフラボンの3つのメカニズムを説明する画像

肝臓で新しく作られる脂肪を抑制する

燃焼しきれなかったエネルギーは肝臓で脂肪となり蓄積されます。

葛の花イソフラボンはこの肝臓で新しく作られる脂肪を抑制する働きがあります!

脂肪の分解を促進する

蓄積された脂肪はそのままの状態では燃焼できません。一度分解をして脂肪酸へと変えなければいけません。

葛の花イソフラボンは脂肪の分解してくれる働きをサポートし、脂肪を燃焼しやすくします!

脂肪の燃焼を促進する

分解されて脂肪酸となった脂肪は、褐色脂肪組織の働きで燃焼されます。褐色脂肪組織が活発になればなるほど、脂肪は燃焼されます。

葛の花イソフラボンは褐色脂肪組織の働きをサポートして脂肪を燃焼してくれます!

葛の花イソフラボンの副作用

葛の花イソフラボンがダイエットなど嬉しい効能があるのは前述したとおりですが、それでは副作用の心配はないのでしょうか?

 

結論から言えば、葛の花イソフラボンは基本的に副作用はありません。ですが、妊娠中や授乳中にはおすすめしません。

 

葛の花イソフラボンのサプリの表示を眺めていると、「葛の花由来イソフラボン(テクトリニゲン類として)」とあります。

 

イソフラボンには様々な種類があって、テクトリニゲンが脂肪減少に関わっているのですが、若干女性ホルモンであるテストロゲンと似た働きもします。

 

妊娠中・授乳中は女性ホルモンが過剰に分泌されている時期なので、女性ホルモンと似た作用のある葛の花イソフラボンは摂取しない方が良いでしょう。

 

また、お薬を服用している場合や通院中の方は念のためかかりつけ医師、薬剤師の方に相談してから使用するようにしましょう(グッドサイン)

 

葛の花の小さい写真画像

葛の花イソフラボンとは?効能・副作用
葛の花イソフラボンとは?そもそも葛って何?という基礎情報や、その効能や副作用など、葛の花について一から解説します!

詳細ページを見るためのボタン画像

 

TOPへもどるためのボタン画像

 

みんなはここが気になっている!

ダイエットしたい部位ランキング

痩せたい部位ランキングのグラフ画像

息抜きにオマケコーナーです(音符)みなさんが一体どの部位を一番気にしていてダイエットをしたいのか、気になりませんか?

 

アサヒグループホールディングスの調査によると、「最も気になっている部位は?」という問に対して女性は1位が「お腹まわり」、続いて「肌のコンディション」「脚」でした。
男性は1位が「お腹まわり」、続いて「髪の毛」「肌のコンディション」でした。

 

またドゥ・ハウスの調査では、「痩せたい部位」のアンケート結果を見ると女性は1位が「お腹・ウエスト」、続いて「太もも」「お尻」。
男性は1位が「お腹・ウエスト」、続いて「内臓脂肪」「あご」になっていました。

 

というわけで、男女ともにお腹まわりを一番気にしています。
男性は内臓脂肪も気にしているようで、これもお腹の脂肪ですね。お腹ダイエットをしたい人は多いみたいです(グッドサイン)

 

葛の花イソフラボンはお腹の脂肪を減らすサポートをしてくれるのが実証済みなので、お腹まわりの脂肪やウエストが気になる方にはぴったりですね(音符)
次の項目でお腹の脂肪について解説したいと思います!

TOPへもどるためのボタン画像

 

お腹の脂肪について徹底調査!

お腹の脂肪を徹底調査!肥満の女性と脂肪の画像

ダイエットをする際、特に痩せたい部位の一つであるお腹。ぽっこりお腹をなんとかしたい!という女性も多いのではないでしょうか?

そんな気になるお腹の脂肪について調べました!(キラキラ)

お腹の脂肪がつく理由

お腹には大事な機能のある内臓がたくさんあります。しかし肋骨や頭蓋骨のような骨がありません。そのため、それらを守るために脂肪がつきやすいといわれています(グッドサイン)

 

お腹の脂肪は大まかに”皮下脂肪”と”内臓脂肪”に分けることができます。それぞれの脂肪について見ていきましょう!

”皮下脂肪”

女性につきやすく、落としにくい

皮下脂肪の説明画像

皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪で、女性につきやすい脂肪です。というのも、子宮や妊娠時にお腹を衝撃から守るために皮下脂肪がつきやすくなっています。

 

また、母乳を出すための予備エネルギーとしての役割もあります。
長年にわたって蓄積され、脂肪燃焼されるのは内臓脂肪からなので、皮下脂肪は減少しにくいかなり厄介な脂肪なのです!

”内臓脂肪”

男性につきやすく、見た目ではわかりにくい

内臓脂肪の説明画像

一方、内臓脂肪は男性につきやすい脂肪です。内臓は内臓につく脂肪のことですが、見た目では気づきにくい特徴があります。

 

そのためスリムな人も要注意!女性ホルモンが減少する50代以降は女性でも内臓脂肪がつきやすくなります。
皮下脂肪よりは落としやすいのですが、よく耳にするメタボの要因のひとつで、放置すると色々な悪影響を及ぼす可能性があります。

それぞれの脂肪への予防・対処法

食事制限している女性と運動をしている女性とマッサージをしている女性の画像

予防としては、余分なエネルギーを取らないことです。余計なエネルギーが脂肪へと回ってしまうので、つまり食べ過ぎないこと。

とても基本的なことですね。しかし簡単なように見えてこれってとても難しい!食べ物への誘惑には抗い難い…。

 

それではついてしまった脂肪はどう対処すればいいのでしょう。

 

皮下脂肪は前述の通り分解されにくく落としにくいです。食事制限、適度な運動を続けることで少しずつ落ちていきます(音符)

 

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせるとより効果的なのだとか。あとは皮膚の下にあるため、マッサージなどが有効です。気長に続けることが大事みたいですね。

 

内臓脂肪は比較的落ちやすい脂肪なので、食事制限や運動が有効です。特に有酸素運動がいいみたい(グッドサイン)

 

見た目ではわかりにくいので、ウエストを測ったり体脂肪率などを測ると、減ったかどうかわかりやすいかもしれません。

葛の花イソフラボンはお腹の脂肪にどう働くのか

葛の花イソフラボンは3つの作用で皮下脂肪・内臓脂肪ともに減少させる働きがあります(キラキラ)

 

新しく脂肪ができるのを抑制し、脂肪の分解を促進し、分解した脂肪の燃焼を促進させます!内臓脂肪はもちろんのこと、落ちにくい頑固な皮下脂肪にも効果が期待できます(音符)

 

臨床試験でもお腹の脂肪面積が平均-20cuになっており、皮下脂肪も内臓脂肪も落としたい!お腹ダイエット頑張ってます!という方へ強い味方になってくれます!

 

メカニズムなどは上記の葛の花イソフラボンのメカニズムに書いてあります。

 

皮下脂肪の説明画像

お腹の皮下脂肪には葛の花イソフラボンのダイエットサプリ!
皮下脂肪とは?皮下脂肪は女性につきやすい!?厄介な脂肪と言われる理由など、皮下脂肪について解説!皮下脂肪に効果があるという葛の花イソフラボンの詳しいメカニズムなどをまとめました

詳細ページを見るためのボタン画像

 

内臓脂肪の説明画像

健康ダイエット!内臓脂肪を落としたいなら葛の花イソフラボン
内臓脂肪とは?メタボの要因!?健康に及ぼす影響など、内臓脂肪について解説!内臓脂肪を減らすサポートをする葛の花イソフラボンの詳しいメカニズムなどをまとめました♪

詳細ページを見るためのボタン画像

 

TOPへもどるためのボタン画像

 

ダイエットサプリでくびれは作れる?

肥満の女性+サプリ=痩せた女性の画像

はたしてダイエットサプリでくびれは作れるのか?調べてみました!

ダイエットサプリについて

機能性の表示ができる保険機能食品の説明画像

巷には色々なダイエットサプリが出回っていますよね!お腹の脂肪を落としたい人が多いので、必然的にお腹の脂肪に効くサプリもたくさんあります。
その中にはくびれを作れる!とうたってるものもあります。

 

試しに楽天のダイエットランキングを見てみると、大量にありすぎてどれが効くのかサッパリわかりません。かといって片っ端から飲むわけにも…。

 

そこで一つの指標として私が見るところは、保健機能食品かどうかです。
保健機能食品とは、機能性の表示ができる食品のことです。特定保健用食品(通称トクホ)、栄養機能食品、機能性表示食品がそれに含まれます。

 

一番信用性が高いのはトクホです。トクホは製品に消費者庁が表示を許可をしている食品です。
トクホの審査は大変厳しいそうです。栄養機能食品は、栄養成分の補給のために利用される食品のことなので、今回はあまり関係ありません。

 

次に機能性表示食品ですが、科学的根拠が認められた食品です。詳細はこの後に書いています。
ちなみに葛の花由来イソフラボンは機能性関与成分なので、葛の花イソフラボンは機能性表示食品が多いです(キラキラ)

機能性表示食品・機能性関与成分って何?

葛の花イソフラボンのサプリ等を見ていると”機能性表示食品”や”機能性関与成分”と書かれているものが多いです。

 

まず機能性表示食品とは、科学的根拠などを消費者庁に届け出て、こんな機能性があるよ!と表示できる食品です。

 

そして機能性関与成分は、その表記した機能性を持っている成分のことです。

 

葛の花由来イソフラボンは科学的根拠のある機能性関与成分なので、消費者庁に届け出しているサプリ等が多いのですね。

 

ダイエットサプリ等にはあまり根拠のないものも多いので、その点葛の花イソフラボンは安心です(グッドサイン)

葛の花イソフラボンでくびれをゲットしたい!

肥満の女性+葛の花イソフラボンサプリ=痩せた女性の画像

脂肪に効く機能性のある成分はいくつかありますが、その中でも葛の花イソフラボンはお腹の脂肪に効果があるといわれています。

サプリ等もお腹の脂肪について書かれているものが多いです。

 

京都大学の論文を読んだところ、BMIおよび腹部脂肪面積の減少の傾向があると認められています。
また、平均0.9cmウエストもサイズダウンしたという結果もあります!

 

残念ながら12週間以上の臨床試験の結果がないため、このまま減少し続けるのかはわからないのですが、葛の花イソフラボンの効果を考えると飲み続けることでくびれはできるのではないかと思います!(キラキラ)

 

また、口コミでもくびれができたという嬉しい報告もありますね(音符)

 

葛の花イソフラボンサプリでウエストが細くなりくびれができた女性の画像

ウエスト細くしたい!葛の花イソフラボンサプリで簡単くびれ
お腹の脂肪が気になっている人は多いです。ウエストを絞ってくびれが欲しい!という方も。そのくびれ、葛の花イソフラボンで手に入るかもしれません!葛の花イソフラボンがウエストに効果がある理由などをまとめました♪

詳細ページを見るためのボタン画像

 

TOPへもどるためのボタン画像

 

急激なダイエットの危険性!リバウンドリスク

リバウンドを繰り返す女性の画像

急激なダイエットはリバウンドのリスクが高い!?リバウンドリスクについて調べてみました!(キラキラ)

そもそもリバウンドってなぜするの?

リバウンドとは、ダイエットによって痩せたのに、再度太ってしまうことです。ダイエットをしたことのある方なら経験したことも多いのではないでしょうか。

ではなぜリバウンドが起きてしまうのか?大きく分けると二つの原因があります。

”停滞期”と”体の機能”

食事制限や糖質制限ダイエットで起こりやすいのが”停滞期”です。最初は体重が落ちるのですが、ある一定の時期になると体重が減らなくなる時期がきます。

 

この停滞期は一か月ほど続くそうですが、一か月も体重が減らないなんて心が折れそうになりますね…。

 

食事制限によって入ってくるエネルギーが減った結果、エネルギーの消費を減らし体の機能が維持する働きがでてきます。

 

停滞期にダイエットをあきらめた場合でもその機能は継続しているので、食事の量を急に元に戻してしまうと消費エネルギーが少ないため太ります。これがリバウンドに繋がります。

”満腹感”を感じにくくなる

ダイエットをしていると、満腹感をコントロールする”レプチン”という物質が減ります。このレプチンが減ると、満腹中枢に刺激がいかなくなり満腹感が得にくくなります。

 

レプチンが減っている状態で急に元の食事量に戻すと、満腹感が得られず食べ過ぎになりやすいです。これがリバウンドに繋がる2つ目の原因です。

急激なダイエットの危険な落とし穴!

リバウンドをしてしまう原因は上で解説しました。では急激なダイエットはなぜ危険なのか?じつは、急激な体重の変化はこれらの原因を急激に加速させてしまうのです!

 

しかも急激なダイエットにより肉割れができる可能性も!急に皮ふが伸び縮みしてしまうためです。肉割れはなかなか治ってくれないので、作らないことが大事です。

 

リバウンドをしないためにはゆっくりと痩せていくことが鍵になります。

葛の花イソフラボンはゆっくり痩せる

葛の花イソフラボンサプリとダイエットに成功した女性の画像

葛の花イソフラボンはリバウンドのリスクはあるのでしょうか?
葛の花イソフラボンの臨床結果を見てみると、二か月〜三か月かけて痩せていっていることがわかります。

 

つまり急激に痩せるようなサプリではないことがわかります(グッドサイン)なので、葛の花イソフラボンはリバウンドのリスクが低いといえるでしょう。(キラキラ)

 

リバウンドをしてしまい体重計の上で悩む女性の画像

リバウンドする?葛の花イソフラボンサプリ徹底調査!
リバウンドとは?なぜ起きるの?どうすればリバウンドしない?など、リバウンドの詳しいメカニズムを解説!また、葛の花イソフラボンはリバウンドのリスクが高いのか調査しました♪

詳細ページを見るためのボタン画像

 

TOPへもどるためのボタン画像

 

便秘もぽっこりお腹の原因!糖質制限と便秘の関係性

食事制限をする女性と便秘になってしまった腸とぽっこりお腹の女性の画像

ぽっこりお腹と便秘

便秘になって悩まし気にお腹を押さえている女性の画像

便秘もぽっこりお腹の原因って知っていましたか?

汚い話になりますが、便やガスが溜まりお腹が張ってぽっこりお腹になってしまうのです!

 

実は私も筋金入りの便秘体質です。昔から悩まされてきました…。お腹の脂肪だけでなくお腹が張ることでぽっこりしてしまうことが多かったです。

 

ダイエットを始めてから便秘になった!という方の話もよく聞きます。
ダイエットで人気の食事制限…特に糖質制限ダイエットで便秘になる人が多いです。

糖質制限ダイエットと便秘

水と栄養バランスの考えられた食材の画像

糖質制限をしている人の話を聞いていると、便秘になっている人が多いことに気づきました。

私の友人も糖質制限を始めてから便秘になったそうです。

 

糖質制限ダイエットとは、糖質をとる量を減らして体重を減らす方法です。

 

炭水化物、ご飯、パン、麺類など糖質の高い食べ物の取る量を減らします。糖質制限による便秘の原因はいくつかあるのですが、脂質と食物繊維の不足が良くないのだとか。他には水分不足やストレスなどがあるみたいです。

 

炭水化物は主に糖質と食物繊維でできています。炭水化物を減らすと手っ取り早く糖質を抜くことができるのですが、必然的に食物繊維の量も減ってしまうわけです。

 

なので、糖質制限で便秘になった!という方には食物繊維と脂質、水分等を積極的にとることをおすすめします(音符)
食事制限はお手軽なイメージがありますが、思ったより栄養のバランス管理などが大変なので気を付けましょう(グッドサイン)

葛の花イソフラボンで便秘は改善される?

葛の花と便秘が改善された腸の画像

葛の花イソフラボンの口コミを見ていると、ダイエットの他に葛の花イソフラボンを取ったらお通じが良くなった!という内容をよく見かけます(キラキラ)

 

しかし葛の花イソフラボンはダイエット効果ばかり取り上げられていて、便通改善の効果は聞いたことがありませんでした。

 

それにしてもそういった内容の口コミ多いので、葛の花に何か便秘が改善するような作用があるのでは?と調べてみました!

 

ただしダイエット効果はハッキリと実証されているものですが、便秘改善効果については研究結果などがあるわけではありません。

 

葛の花の作用などを調べてこれが便秘改善に繋がるのでは?という予想です。

葛の花の作用

葛の花はイソフラボンの他に、サポニンが多く含まれています。

 

葛の花イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをするのですが、サポニンは肥満を予防、コレステロール値を下げ、血流を良くする等の効果があります(キラキラ)

 

サポニンが脂肪の蓄積を抑えてくれるためダエイット効果が期待できるわけですが、他の作用が便秘改善に繋がるのではないかと考えました。

サポニンで血流改善→便秘改善!

葛の花と血行がよくなった血管と腸の画像

サポニンはコレステロール値を下げ、ドロドロになった血液を元に戻します。さらに血流をスムーズにして体内のめぐりを良くします。これらは美容にも良い作用なのですが、便通にも嬉しい作用です(音符)

 

便秘の原因は様々です。食生活による食物繊維不足・脂質不足・水分不足。運動不足や睡眠不足、ストレス。

 

そして胃腸の血行不良。胃腸の血流が悪くなると、当然胃腸の働きが低下します。そのため便秘になりやすくなります。

 

お腹を冷やすのはよくない、お腹を温めることが便秘に良い、という話も血流が関係しているのでしょう。

 

つまり葛の花に含まれるサポニンが血流を改善→胃腸の血行が良くなる→便秘改善という感じで、葛の花のサプリ等を取ったら便秘が改善された!という声が多いのではないかと思います。

女性ホルモンの乱れも便秘の原因!

生理に合わせて便秘になったりお通じが良くなったりしたことはありませんか?じつは女性ホルモンも便秘に関係しています!

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。これらは加齢により低下していき、女性ホルモンのバランスが崩れる→便秘という現象が起きます。

 

そして葛の花イソフラボンはエストロゲンと似た働きをすることがわかっています。

 

つまり、エストロゲンの働きを補ってくれるため、葛の花イソフラボンは便秘解消に繋がると考えられます(キラキラ)

葛の花以外の成分が便通改善に繋がった可能性

葛の花イソフラボンのサプリ等では葛の花の成分以外に色んな成分が入っているものもあります。

 

例えば当サイトランキングにある”葛の花減脂粒”、これには黒酢もろみが含まれています。黒酢には便通改善が期待できます(グッドサイン)

 

他にも”きょうの青汁”、これは便通に嬉しい成分がたくさん入っています!(キラキラ)私が調べただけでも、大麦若葉・桑の葉・聖護院かぶら・宇治抹茶・難消化デキストリン・葉酸・食物繊維は便秘改善効果を見込めます(音符)

 

”葛の花イソフラボンスリム”にも生姜で腸のぜん運動が活性化したりなど、葛の花だけではなく他の成分が便通を改善してくれているのかもしれません!

 

葛の花イソフラボンが主成分の場合でも、還元パラチノースなどが入っており、還元パラチノースは胃腸の働きを活発にするという情報もあります(グッドサイン)

TOPへもどるためのボタン画像

 

ダイエットと美容は両立できる?

ダイエットを頑張る女性と美容を気遣う女性の画像

ダイエットをする理由は、健康のため!という方もいるでしょうが美しくなりたいからダイエットをしている!という方も多いのではないでしょうか(音符)

 

葛の花イソフラボンでくびれを作ってメリハリのある体になりたい!(キラキラ)という方もいらっしゃると思います。

 

しかし、美しくなるためのダイエットで肌や髪の潤いが減ってしまったり、ニキビができてしまった!なんて方もいます。美しくなるためにやっているのに、これでは本末転倒です。

 

どうすればダイエットと美容を両立できるのか?という話をしていこうと思います(グッドサイン)

食事制限ダイエットと肌荒れ

食事制限をしている女性と肌荒れしてしまった女性の画像

ダイエットといっても様々な方法がありますよね。運動で肌の調子が悪くなった!という話はあまり聞きません。

一方、食事制限で肌荒れしてしまった!という話はよく聞きます。

 

前にも少し触れましたが、食事制限ダイエットは手軽ですが栄養管理など意外と難しいものなのです。

 

特に無理な食事制限をしている方は要注意!栄養不足に陥ってしまえば、当然肌も荒れ髪も潤いをなくします。ひどいと薄毛・抜け毛が発生することも…。

 

糖質制限ダイエットではよく炭水化物を抜きますが、炭水化物が不足してしまえば体の中のたんぱく質が使われてしまいます。

 

脂肪も減りますが筋肉も減るので、代謝が落ちてリバウンドしやすくなります。肌や髪はたんぱく質でできているので、不足すればハリもツヤもない肌・髪・爪になってしまいます!

 

食事制限自体が悪いわけではありませんが、しっかりとバランス良く食事制限をしないとこういった事態を引き起こすことになりかねません。

 

また、食べたいものを我慢することになるのでストレスが溜まります。ストレスはニキビの原因です!無理のない食事制限が大事になってきます。

栄養バランスの優れた食事制限でダイエットを!

サプリメントと栄養バランスを考えられた食材の画像

いかにしっかり栄養をとりながら食事制限をするかが鍵です。

絶食などは計画的ではない限り、あまりおすすめしません。

 

ビタミン類をたくさん含んでいる食べ物を取ったり(フルーツ・貝等)、低カロリーのお肉でたんぱく質の補給したり(ささみ・タラ等)、食物繊維を摂取したり(豆・きのこ・海藻等)、一日に必要な栄養バランスを見直すことから始めてみましょう(グッドサイン)

 

できれば食事内で栄養を補給するのが一番良いのですが、難しい場合はサプリ等でサポートするのも手です。

葛の花の美容効果

ダイエット効果が注目される葛の花イソフラボンですが、実は葛の花に美容効果が期待できるのは知っていましたか?

 

葛の花イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きがあります。エストロゲンは美しい肌を作る役割があります。

 

葛の花イソフラボンはエストロゲンの働きを補ってくれるため、美肌効果があるのではないかと言われています(音符)

 

また、葛の花に多く含まれる”サポニン”は血流を改善してくれます。血行が良くなれば肌色が良くなるため、お肌のくすみが改善したり肌のつやが良くなるという効果を期待できます(グッドサイン)

TOPへもどるためのボタン画像

 

葛の花の豆知識

葛の花の豆知識に関する様々な写真画像

みなさんは葛の花についてどこまで知っていますか?ここではちょっとした”豆”知識をご紹介します(音符)

葛ってどんな植物なの?

葛の写真画像

葛はマメ科クズ属の蔓がある植物です。秋の七草に数えられます(音符)日本各地に分布しているので、見たことがある人もいるかもしれませんね。

生命力・繁殖力がとても強いため、侵略的外来種に指定されています。

 

葛の花は夏〜秋に開花し、根本から順に開花するという特徴があります。
ワインレッドっぽい綺麗な色をしています(キラキラ)

 

花・葉・根と使用用途がありますが、一番有名なのは根っこの部分で作られる漢方の”葛根湯”でしょう(グッドサイン)
根っこの部分のでんぶんを抽出すれば葛餅や葛餅になります。

 

葉は家畜のエサに使われ、花は葛の花イソフラボンが発見されてからダイエット効果で人気がでてきました!
ほとんど話題に出てこないのですが、いかにも豆科っぽい実がなります。

葛って食べられるの?

葛餅の写真画像

葛は食べることができます!

先述した通り根っこは葛餅や葛きりになるので、食べたことがある人も多いと思います。

 

花の部分は天ぷら・茹でて和え物・漬物等いろんな食べられ方がされています。蕾も食べられるんだとか。色が美しいので華やかな食卓になりますね(音符)

 

ただし良い香りに誘われた虫が潜んでいることが多いので、下準備は大変そうです…。
葉は若葉が一番おいしいと言われています。お浸しが良いみたい。
つるも食べられるらしく、天ぷら・塩ゆで・辛し和え等でいただけます。

葛の花ってどんな香り?

葛の花は香水に使われるくらい良い香りがします!(キラキラ)

柑橘系で、グレープフルーツやブドウに香りに近いのだそう。
甘い香りですが、爽やかな風味があり男性にもおすすめの香水です(音符)

漢方にも使われています!

葛の根が材料の”葛根湯(かっこんとう)”ですが、根っこを乾燥させて作られています。発汗作用や鎮痛作用があるため、風邪薬として昔から愛用されていました(グッドサイン)

 

花の部分は”葛花(かっか)”という生薬になり、二日酔い防止の効能があります(音符)

 

葉の部分も生薬になり、止血・解毒効果があるのだそう。つるはお風呂に入れ、神経痛や冷え性改善が期待できると言われています。

歌にも詠まれています

葛の花 踏みしだかれて、色あたらし。この山道を行きし人あり

海やまのあひだ、という歌人が1925年に出版した歌に葛の花が登場します。代表作らしいです。

 

私は古文が苦手なのですが、「踏み荒らされることで、かえって色が新しく見える。この山道を先に通った人がいたのだろう」といった意味になるみたいです。

 

海やまのあひだは、踏みつぶされ鮮やかな色を放つ葛の花を見て、自分より先にこの山道を通ったであろう人たちに思いを馳せ、この歌を詠んだのかもしれません。

 

解釈がたくさんあるようなので、興味のある方は調べてみてください(音符)

他にもある葛の活用法!

他にはつるの部分でカゴを作ったり、布を作ったりと活用されています。このように、葛は昔から人々の生活に役立ってきました(キラキラ)歌に詠まれるくらい身近で親しみ深い植物であることがうかがえます。

 

葛や葛の花をあまり知らなかったという人も、こうして見ると身近に感じることができるのではないでしょうか(音符)

 

葛の花の豆知識に関する様々な小さい写真画像

葛の花は食べられる?葛の花の豆知識・雑学を集めてみました!
みなさんは葛といえば、何を思い浮かべますか?ダイエットサプリ、食用、香水、漢方、歌など、葛って意外と色んな用途に使われているんです!葛の豆知識や雑学をまとめてみました♪

詳細ページを見るためのボタン画像

 

TOPへもどるためのボタン画像